読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

占い

今日たまたま占い信じる?信じない?って話がでたので、過去に溜まった僕のストレスぶつけます

 

僕は「占い」が大嫌いです

 

当たる、当たらない関係なしで、人の人生を左右してくることに腹が立ちます

 

昔、お付き合いしていた彼女が占いを信じ振られたことがあります…

 

その時は「今年中に私にピッタリ合う外国人があらわれる」って振られました

 

他にも占いが背中を押して、振られたことがあります

 

何故一緒に過ごした時間よりも、わけわからん知らんおっさんかおばはんかわからんやつの一言でそっちになるねん!!!と思います

 

もちろん、言われた事がマイナスのことで「それ当たってるかも」って彼女に思わした僕も悪かったと思います

「いや、おっさんかおばはん!私の彼氏悪く言うけどそんなんちゃうし!しばいたろか!」って思わせるような付き合いが出来てない僕にも責任があります…

 

占いを信じてる人も多く、その人達に喧嘩をうってることになるかもですが、あくまで占いなんて能力者じゃなく、統計学です

そのパターンの人ならこのパターンが多いね!ってなだけです

人間十人十色で更に付き合ってる相手も十人十色の人間です

 

何人、何万人見てきたか知らないですけど、そんな統計学より、ずっと一緒にすごして見てきた自分の目で判断してもらいたいものです

 

占いなんて「自分の考えは間違いないですよね?」って話を聞きに行って、自分の都合のいい部分だけ「そうそう!あたってる!」って思って、都合が悪いところは「そこは違うな」って流すだけの所です!

 

そして相手のひっかかってる部分が占いで言われたってなると、まるで神のお告げのように頭の中でプレイバックして、相手の嫌な部分しか見えなくなると思います

 

そもそも「本日はどういうご相談で?」って、女の子が1人来て「彼の事で…」っていうと

 

馬鹿でもはいはいマイナスな相談ねってわかるから、そっからは詰め込んだ統計学の知識を表情見ながら、ふんわりしたところから核心ついたところまで絞り込めばいいだけだと思ってます

 

メンタリズムのダイゴさんが占い始めたら、外すことなんてほとんどないと思います!

 

 

何が言いたいって言うと

 

たとえばご飯屋さんがめっちゃ不味かったら、行かなければいい

 

漫才が面白くないなら見なければいい

 

テレビに嫌いな奴が映ればチャンネルかえればいい

 

だけど占いってやつはそのコントールが効かなくて、俺が行かなくても勝手に俺の事を占われている

あったこともないやつに、話した事ないやつに「彼はそういう人間です」ってさぞかし昔から知ってるスタンスで助言しやがる…

 

俺の知らないところで

知らない奴の占いの一言に俺の人生狂わされたくないんです

 

1年365日、何年もほぼ毎日共にしてきて、毎日相手の顔を浮かべて相手の事を考えて、相手の好きなもの嫌いなものを時間かけて理解してきたのに、たかだか10分、20分話したぐらいの占い師に負けた無念な気持ちの供養仕方がわかんないです!

 

占いはいつも僕を否定する…嫌いだ